« 避暑キャンプ in 道志 2015 その1 | トップページ | ウォーキング1021 »

2015年8月10日 (月)

避暑キャンプ in 道志 2015 その2

20150810065001
今日もいい天気。今回のキャンプの目玉、ラフティングに出発する日です。
車で1時間ほど走らなければならないので6時半に起床。パンとコーヒーで朝食を済ませたところに義姉夫婦が到着。
渋滞もなく予定通り1時間でお世話になるフジヤマアドベンチャークラブに到着。

20150810092438_01
薄曇りだけど、ピーカンよりも奥さんたちには良いかも知れない。
水着の上にTシャツライフジャケット、ヘルメットのいでたちでワゴン車に乗り込む。今回の参加者は20人ぐらい。わたしは自分で防水カメラを持って来たけど、貸してもくれるようです。しかも、データをコピーする媒体を持ってれば無料!持ってなくでも500円でSDカードにコピーしてもらえますよ。
10分ほど走って川に到着。

20150810094417
山道を下って河原に出てから川沿いにしばらく歩くとスタート地点。

20150810094545
ここで水に慣れるために少し川遊び。と言うか、一組、遅れて来るようで時間つぶし。
きれいな川で川遊びなんてなかなかできないからね〜。
水の冷たさにもすぐに慣れました。

20150810100330_01

20150810095448
諸注意を聞いてから、ボートと舵取りのスタッフが割り当てられた。

20150810103632_01
我々の担当は、岩手出身のデンゼル君。カナダと日本のハーフかな?

20150810103657_01
パドルでの漕ぎ方やいくつかの合図を教えてもらっていよいよ出発。

20150810103537
義姉夫婦は、ラフティング初体験。楽しく過ごせればいいけど。
瀬とトロ場が交互に現れる。

20150810105611_02
あまり激しい瀬はなくて、放り出されることもなく無事に通過。

20150810110829
足がつかないほど深いけどライジャケがあるので大丈夫

20150810111029
プカプカ気持ちがいい〜(^^)

20150810111039
トロ場では、ボートから飛び込んでプカプカと川の流れに身を任せる。

アユ釣りしている人がいると一旦ボートを止めてスタッフが通過の許可をもらいに行く。
1人を除いては快く通過を許してくれた。
その1人と言うのが、この時期かなりの確率で現れてほぼ100%通過を許してくれないと言う迷惑な親父。
ボートを担いで歩いて迂回できる場所ならそうするようだけど、今回のポイントは、迂回できない場所。
頼んだけどOKが出ないので、5艘のボートの間隔を詰めて強行突破。
すると親父は怒り狂って岸から何か叫んでいた。
通過してホッとしていると親父がわめき散らしながら河原を走って追いかけてきた。そして川に飛び込み一艘を捕獲。
リーダーと思われるスタッフが対応するも怒りは収まらないらしい。
魚を釣りたい釣り人と、川下りを楽しみたいラフティング、お互い譲り合うしかないのに...。

20150816160010
気を取り直して次は飛込みポイント。
4mか7mの高さにチャレンジ。自分は当然7m。身長を考えると目の高さは、約9m。
結構な高さだけど合図と同時にダイブ。
鼻をつまんで足から着水。と、耳に圧がかかって痛みが…。水面に顔を出すとみんなの声がこもったように聞こえる。
鼓膜をやってしまったか?音が聞こえてるから大丈夫か?
鼻をつまんで飛びこんで、と注意はあったけど耳のことは聞いてないよ…。
音は聞こえるけど耳の奥が痛い。

20150810120818
飛び込みのあと、しばらくしてゴール地点に到着。
お疲れさま〜。

フジヤマアドベンチャークラブに戻って、着替えたら13時。運動してお腹が空いたので途中にあったBigBoyに寄った。みんなガッツリ食べてた(^^)
そしてまた道志道を通ってキャンプ場へ戻るわけだけど、標高が変わると耳の奥が痛い。
こりゃ、病院行きか?と思いネットで検索してみると鼓膜に何かあっても基本的には放っておくらしいことがわかったので少し安心した。発熱や違和感が続いたら病院に行ってみよう。

キャンプ場に戻って夕飯のカレーの準備を始めたけど、耳が痛くてテンションはダダ下がり。
奥さんにもらった痛み止めを飲んで、テントの中でしばらく横になった。

けっこう寝てしまったらしく、外は暗薄暗くなつていた。薬のおかげか、寝たのが良かったのか、耳の痛みは引いていた。

わたしが寝ている間に、奥さんたちがオガ備長炭に火をつけようとしてあれこれやっていたら、見かねた隣のサイトのおじさん、おばさんが手伝ってくれたらしい(^^;
今回持ってきたオガ備長炭は本当に火がつきにくかった...。前回はそんなことなかったのになぁ。

20150810203033
カレーの世話を交代して奥さんは、風呂に入るために義姉夫婦と一緒にコテージへ。

20150810195500
わたしは、キャンプ場にあるシャワーで済ませました。カレーの番とご飯を炊いて帰って来るのを待ちます。

20150810211136
合流してカレーと焼き物の夕飯。耳の痛みもなくなったので、楽しい時間を過ごせました。
コテージの門限の23時でお開き。今日はよく眠れそう(^^)

つづく
FUMI.

|

« 避暑キャンプ in 道志 2015 その1 | トップページ | ウォーキング1021 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 避暑キャンプ in 道志 2015 その1 | トップページ | ウォーキング1021 »